■断絶の4年間

■「自由」ではなく劣化した「組織」
 ジーコの就任で「組織」から「自由」に方針が変わったといわれている。これはとんでもないミスリードだ。 フランスW杯での敗退以来、「個」の能力差を「組織」で埋めることが日本の基本方針だった。攻撃面では局面で数的有利を作り、複数人のコンビネーションで崩す。守備面でも数的有利を作ることが基本だ。1対1でも簡単に飛び込まずパスコースを限定しながら相手をサイドに追い込み囲い込んでボールを奪う。攻守両面において数的有利を作るためには、組織的な規律を保ちながら、あえてゾーンバランスを崩す高度な判断能力とそれを支える豊富な運動量が必要不可欠だ。

 筆者はサッカー新聞『エル・ゴラッソ』に寄稿した今大会の総括で「明確な戦術的方針を打ち出さなかったジーコ率いる日本代表は必然的に選手が普段慣れ親しんだJリーグの戦術を選択した」と書いた。つまり、ドイツW杯での日本代表は攻守両面において数的有利を作る――今までの方針と何ら変わらない「個」の能力差を「組織」で埋める――スタイルを採用したということである。2002年の日本代表との違いは、「個」の能力が上がったことと、「組織力」が著しく下がったことだけだ。

 日本は特定のスタイルを持たないと言われているが、決してそんなことはない。外国人が日本を見たとき多くの人が「コレクティブ(組織的)」という印象を持つ。つまり前述した攻守両面において数的有利を作ることが「組織的」に見えるということだ。おそらく今回の日本代表を見てもその印象は変わらないだろう。ジーコ政権の数少ない利点は、日本には独自のスタイルが根付き始めているということを逆説的に示したことのみである。

■ムービングフットボール
 「今大会で実感したのは体格差だった」。これは退任会見でのジーコの言葉だが、この発言には心底呆れた。トルシエ時代にDFラインを高い位置に設定していたのはゴール前での競り合いを避けるためである。裏を取られるリスクも当然承知の上だ。それを「1人余らせろ」と言ったのは他ならぬジーコ自身である。

 DFラインを高い位置に設定し全体のプレーエリアをコンパクトに保つことは、局面で数的有利を作る日本代表において必須事項だ。日本人の特性であるアジリティ(俊敏性)を効果的に発揮するためには狭いエリアが適している。育成段階でボディシェイプなどを徹底して指導したこともコンパクトエリアでのボールの奪い合いを想定してのものだ。単なる字面の印象からネガティブな意味に受け止められてきたこれまでの方針だが、完成すれば極めて高度かつ強力な戦術になるはずだった。この方針の骨格部分はすでに日本サッカー界全体に根付きつつあるが、技術委員会は日本人の特性を考慮してさらにその発展系を模索してきた。

 ムービングフットボールと名付けられた「人もボールも動くサッカー」が、技術委員会の目指したスタイル。その特徴を一言で表現すれば「機械的なパターン攻撃」だ。FWに楔のボールを当て"第3の動き"から機械的にDFラインの裏へ抜け出す。ワールドユース、アルゼンチン大会ではポストプレイヤーにボールが収まらなかったことで機能しなかったが、大きな可能性を感じさせる攻撃だった。

 このスタイルはスパレッティ率いるローマの戦術に酷似している。トッティを1トップに配した通称"ゼロトップ"システムがそれだ。両者の違いはカウンター志向の強いローマに対して、日本はポゼッション志向が強いこと。技術委員会が目指したスタイルは世界の最先端であり、同時に極北だった。彼らのベースになったのはトルシエから学んだフランス・メソッドだったが、ジーコの監督就任でその流れは断絶した。

■ゼロからやり直すしかない
 今回の日本は「個」の力不足で負けたのではなく「組織」の差で負けたのだ。確かにトルシエの戦術をヒントに技術委員会が推し進めた方針は特異で、その是非はともかく「個」の力が分かりづらくなっていたことだけは同意する。しかし、これだけ「組織」が無秩序な状態で大会に臨めばどのようなチームでも崩壊は必然だ。むしろ、ここまでチームの体裁を保った日本人選手の学習能力を賞賛したいくらいだ。結局、今大会では選手の「個」の実力も世界の中での位置付けもすべて不透明なまま終ってしまった。収穫はゼロである。

 ポスト2002の選択は2つあった。技術委員会の方針を継続するか、それともオーディナリーな監督を連れてきて日本の「個」の実力を明らかにするか。ジーコに求められたことは後者の役割だと思われるが、監督としての力量不足から期待した成果は得られなかった。 黄金世代のピークが過ぎたポスト2006。この時期は「収穫期」ではなく、「種蒔き」の時期だ。図らずも次期監督候補のオシムはそのミッションを果たす人材としてうってつけの存在。「個」の力を伸ばし、その実力を余すことなく発揮させてくれるだろう。近い将来、日本代表は大規模な世代交代を強いられる。まずは卓越した育成手腕を持つオシムの下でゼロからやり直すことは得策かもしれない。次の4年間の最重要課題は断絶の4年間を経た日本サッカーの総合力を知ること。日本独自のスタイルを追求するのはそれからである。

(浅野賀一)