【チャンピオンズリーグ分析】チェルシーvsバルセロナ アンケートの集計結果と分析

Q1.  本稿「【チャンピオンズリーグ分析】チェルシーvsバルセロナ」を読んだ感想をお聞かせください。

    (回答総数 100)
    [カテゴリー] [件数]
    1. 面白い 89
    2. やや面白い 11
    3. ふつう 0
    4. あまり面白くない 0
    5. 面白くない 0
    無回答 0

エンターテイメントとして一定の水準には達しているとの評価を得られた。


Q2.  本文中のデータ提示の方法は適切だったと思いますか?

    (回答総数 100)
    [カテゴリー] [件数]
    1. 思う 79
    2. やや思う 21
    3. 思わない 0
    無回答 0

データの扱い方に関して、読者から見て概ね適切であったとの認識を得られた。


Q3.  どのデータが最も興味深いと感じましたか?

    (回答総数 100)
    [カテゴリー] [件数]
    1. ホットゾーン 73
    2. パスデータ 55
    3. ポゼッションやシュートのデータ 16
    4. その他 7
    5. 特になし 1
    無回答 0

 図表として提示したホットゾーンとパスコースに得票が集中している。 本文中でもホットゾーンデータが論理展開の非常に重要な位置を占めており、使用頻度なども考慮すると予測範囲内の結果となった。


Q4.  提示したデータの内、わかりにくいと感じたものはありますか?

    (回答総数 100)
    [カテゴリー] [件数]
    1. ホットゾーン 7
    2. パスデータ 25
    3. ポゼッションやシュートのデータ 2
    4. その他 0
    5. 特になし 65
    無回答 3

 得票の65%は、「わかりにくいものは無かった」という意見だが、残りの35%のうち25%がパスコースデータに対してわかりにくさを感じており、データの提示の仕方にまだ改善の余地があるようだ。

 パスコースデータのわかり難さの根本的な原因は、数字が羅列されすぎており、直感で数字の意味を捉えることが困難なためだと思われるが、その改善案として、ピックアップした選手を中心としたパスのインプット・アウトプットを双方向の矢印で示すなど図解を用いる方法がある。しかしこの場合、表(マトリックス)を用いた場合のチーム全体を見渡したパスコースデータという網羅性でのメリットが失われるため、データを扱う際には、それらを明確に使い分けるか、あるいはそれらを並列に並べて提示するなどの工夫が必要だと考えられる。


Q5.  第4問のように考えた理由をお答えください?

    (回答総数 100)
    [カテゴリー] [件数]
    1. 図表の説明が不十分なため 10
    2. 本文とデータとの関連性が不足しているため 4
    3. データの正確性に信頼がおけないため 2
    4. データの抽出方法が不明なため 6
    5. その他 16
    6. 特になし 55
    無回答 12

 問4を受けて「特になし」という回答が最も多かったが、次に多かったわかり難さの原因として”その他”が最も多かったというのは、項目に挙げなかったパスコースデータの視認性の低さ、あるいは読者が認識する何らかの違和感などを含んでいるためと考えられる。


Q6.  サッカーを扱う他のメディアでのデータの使われ方は、適切だと思いますか?

    (回答総数 100)
    [カテゴリー] [件数]
    1. 思う 12
    2. 思わない 33
    3. どちらでもない 53
    無回答 2

 現在のデータの扱われ方に何らかの不満をもつ層(思わない、どちらでもない)は80%を超え、ハッキリとした傾向が見られた。現行メディアのデータの扱い方が、データを見る側からすれば適切とは考えていないようだ。


Q7.  第6問のように考えたのはなぜですか?意見をお持ちの方は、ご記入ください。

    年齢 職業 回答
    30才以上 35才未満 自営業 正直、ゴールシーンを中心としたサッカー報道は私のような情報を主に地上波に頼っている人間には歯がゆいが、それが視聴率や販売部数といった明確なノルマをもった商業媒体ではしょうがないと思う。実際、ベッカム目当ての女性がサッカーの魅力に取り付かれた現場を目の当たりにしてからは、その効力も(一部ではあるが)認めざるを得ない。しかし、サッカーファンを対象にした専門番組の全てが結果報道のみ。ある特定のゲーム(昨年のチャンピオンシップ)、チーム(今年のサンフレッチェ)に対してアカデミックな戦術、戦略解析を取り入れて欲しいと願うのは欲張りなのだろうか?
    25才以上 30才未満 無職 試合の特徴を知る上で、データはとてもありがたい。その扱いについては、いろいろな見方があり、いろいろな見解が反映されるのでので慎重で合ってもらいたい。 パスコースデータは(自分で)いろいろ考えることができてとても参考になります。でも当然ながら読みにくかった。その点ホットゾーンは視覚的に読みやすい。こういった特徴を生かして提示していただけると、視聴者自身がゲームを把握できてよいと思います。
    20才以上 25才未満 企画・調査系会社員 単純なボールポジションの比較や、シュート数の比較などは意味をなさないと感じる。今回の記事のように、各チームの戦略的意図によって、ゴールするための方法はことなるのだから。たくさんボールを持っていることや、シュートを多く放つことは、=ゴールすることとは限らない。なぜチームが勝利することができるのか、このコラムであるような分析をしていただけると、非常に参考になります。
    25才以上 30才未満 学生・生徒 一般新聞やテレビ等では単なるデータの引用に留まることが多いと思います。このHPのようにデータを検証するという部分にもっと光が当たっても良いと思うし僕はそれが好きなんですが、こういう人はやはり少ないんでしょうか?コラムなんかも基本的に好きです。当然検証していく上で多少なりとも主観も入り、意見にもなっていきますが、だからこそ面白い部分かと思います。
    25才以上 30才未満 技術系会社員 サッカーにおけるデータの扱い方はまだ未成熟というか試行錯誤の段階のように思う。提示されたデータの意味するところや解析内容が本当にその試合の真実に迫るものなのかどうか判断しかねる。ただデータによって分析するという試みは非常に重要かつ興味深いことなので、どんどん試行錯誤していくべきだと思う。
    20才以上 25才未満 学生・生徒 信頼のおけるデータがパス本数、シュート本数、セットプレー数などボールに絡んだプレーのみであるため。サッカーは90分間動き続けるスポーツであり、その中で選手がボールに直接触れる時間は極めて少ない。そのような状況で特定の選手が活躍したかのような印象を与える恣意的な記事が多いと感じるから。
    25才以上 30才未満 経営・管理職 「ワールドサッカーの戦術」を持っている私としては、写真の使い方が同じなので非常に面白かった。ただ、特徴的な例を抽出するのはいいが、全体からしてどうだったのか?といった「各作戦の成功率・失敗率」みたいなのがあれば更に説得力が上がる・・・めんどくさいですかね(ToT)
    40才以上 45才未満 事務系会社員 私が主に見ているメディアは、日刊スポーツ、サッカー・ダイジェスト、エル・ゴラッソ、サッカー批評です。後二者はもちろんですが、前二者のスポーツ紙、週刊誌についても昔よりはデータなどを利用した分析の視点をもつようになってきたと思います。
    20才以上 25才未満 学生・生徒 大抵の場合、二人の選手間のパス交換頻度の高さを「コンビネーションや相性の良さ」という安易な結論に結び付けているのに過ぎないのではないでしょうか。ひとつのチームの複数の試合を比較して、戦略・戦術面の分析に使われるケースが少ないと思います。
    25才以上 30才未満 事務系会社員 データ等「客観的事実」の試合分析に基づいた記事が余りに少なく感じているため。例えば、ジュビロ磐田の不信に関しても、「主力の高齢化」が中心になっている記事が多いが、戦術的見解から「ここがこーだから」とより説得力のある意見があればいいと思う。
    25才以上 30才未満 公務員 データの使い方は,人それぞれですが,使い方そのものは間違うことはあまりないと思います。大事なのは,そのデータからどういった意味を見出すかという,解説者の見識だと思います。見識の面では,まだまだ甘い解説者は多いと思います。
    20才以上 25才未満 学生・生徒 メディアにもよると思うが、データの分析が適切でないことが多少あると思う。ただ、データを提示してくれることは非常に勉強になるし、サッカーをプレーするときも見るときもより深いところまで楽しめると思う。
    30才以上 35才未満 その他 今回のような参考になる量、質のデータを提示している例はごくわずかで、ほとんどの場合ライターが、評論の根拠となるデータをだしていなかったり、データの一部を取り出して恣意的に利用しているようにみえる。
    20才以上 25才未満 学生・生徒 今回のように、どうしてこのような結果になったのか?または、どのようなところに問題があったのか?ということを分析するものが少ないから。そして、もっと我々の理解を深めさせてもらいたい。
    15才以上 20才未満 学生・生徒 例えばポゼッションについて言えば,戦術的にポゼッションの割合が低くなってしまう(カウンターサッカーのチーム)場合があるにも関わらず,データありきで話が進んでしまうことがあるから。
    20才以上 25才未満 学生・生徒 適切の時もあれば、そうでないときもある。データーだけに捉われていると本質を見違える。たとえばリスクを犯してのパスミスと、簡単なパスミスは、同じミスでも価値が違うから。
    30才以上 35才未満 技術系会社員 質問が漠然としすぎているのでこう答えるしかない。今回に関しては(このサイトを見る人はわかっているとはいえ)、選手のフォーメーション図が無いのが気になる。
    35才以上 40才未満 事務系会社員 データはゲームの一側面であるのに、多面的な見方をせず、一つのデータのみを殊更取り上げて恣意的な結論付けを行っている記事があるため
    15才以上 20才未満 学生・生徒 常にというわけではないが、時々一定の方向に試合の見方を向けさせようとした、都合のいいデータだけを使うことが見受けられるから。
    20才以上 25才未満 パート・アルバイト 一点だけだして、対となる意見は出さない場合が多いと思う。あらゆる、データをそろえて検証するのが一番重要なはず
    35才以上 40才未満 事務系会社員 データから指揮官の意図がうまくいっているのかいないのかといった視点での検証がないと思う場合が多々あるから。
    15才以上 20才未満 学生・生徒 「ラインが浅い深い」といったテレビなどでわかりにくかったり、など、何を基準にしてるんやろと思うときがある。
    20才以上 25才未満 学生・生徒 結論に誘導するデータしか扱っていない。データから結論に達するっていうメディアが少なすぎる。
    40才以上 45才未満 事務系会社員 そもそもデータを使っているのか?データを解析する前にサッカー自体を理解してると思えない。
    30才以上 35才未満 パート・アルバイト 客観的とは思えない時があるから。都合のいいデータを引っ張り出してきているような時がある。
    25才以上 30才未満 公務員 シュート本数ばかりが取り上げられ、そこに至るまでの過程のデータがあまりにも少なすぎる。
    25才以上 30才未満 その他 日本の一般メディアに限って言えば、まだデータと呼べるモノすら使ってないと思う為。
    25才以上 30才未満 その他 一方向からのアプローチしか感じませんが、情報に対しての使い方は正しいと思います。
    40才以上 45才未満 その他 攻撃および守備におけるチームの意図を客観的な数値を用いて説明していないから。
    25才以上 30才未満 技術系会社員 4-4-2や4-3-3などのフォーメーションのイメージにとらわれすぎていると思う。
    25才以上 30才未満 その他 データを使う、あるいはデータを元に考察する事自体が少ないように思われる。
    20才以上 25才未満 経営・管理職 状況を考慮しないデータ、しかも都合のいいものだけを使っている気がする
    20才以上 25才未満 技術系会社員 民放の放送で、せめて枠内シュート数くらいは表示して欲しいですね。
    30才以上 35才未満 企画・調査系会社員 データから導き出される結論が弱い、もしくは関係ないことが多い。
    20才以上 25才未満 学生・生徒 媒体によって様々なので。また、データの見方にもよるので。
    30才以上 35才未満 企画・調査系会社員 データそのものが余り提示されているとは思わない。
    40才以上 45才未満 事務系会社員 単純にデータを見たことがないので判断できない
    20才以上 25才未満 学生・生徒 主に日本代表に有利なことしか使わないから。
    20才以上 25才未満 技術系会社員 表面上の数字遊びに終始していると感じる。
    25才以上 30才未満 技術系会社員 場合によるので一概には言えない
    20才以上 25才未満 自由業 データの公表頻度が少ない。

Q8.  サッカーを扱うメディアでは、どのようにデータを用いるのが望ましいと思いますか?

    (回答総数 100)
    [カテゴリー] [件数]
    1. 事実の羅列 28
    2. 事象の補足 63
    3. 見た目の感覚の裏付け 48
    4. 試合の分析 84
    5. 試合の予測 23
    6. チーム力などの比較 24
    7. 選手の紹介 23
    8. その他 5
    無回答 1

どの項目にも一定以上の票が認められたが、
・事象の補足
・見た目の感覚の裏付け
・試合の分析
の3項目に得票が集中した。
サッカーからの視点を補完する意味合いでデータを用いてほしいとの潜在的欲求があるように感じられる。


Q9.  得点シーンなどの動画があれば、よりわかりやすいと思いますか?

    (回答総数 100)
    [カテゴリー] [件数]
    1. わかりやすい 72
    2. 特に変わらない 27
    3. わかりにくい 1
    無回答 0

 意外にも、動画があれば必ずしもわかりやすいという意見ばかりではなかった。 このことからそのシーンを説明するのに動画を用いればわかりやすいが多様することは好ましくなく、 読者を想定した場合にはスポット的に用いる方がより効果的であると言えそうだ。


Q10.  データを用いた同様の分析記事があった場合、それを読んでみたいと思いますか?

    (回答総数 100)
    [カテゴリー] [件数]
    1. 思う 97
    2. 思わない 1
    3. どちらともいえない 2
    無回答 0

 ほとんど全ての読者が、こうしたデータ分析に対して強い興味を示していることがわかった。 他のメディアでこういったデータの扱い方をした分析記事はないことから考えると、意外にもニーズはあるように思われる。

回答内訳

S1.  性 別

    (回答総数 100)
    [カテゴリー] [件数]
    1. 男性 95
    2. 女性 2
    無回答 3

S2.  年 齢

    (回答総数 100)
    [カテゴリー] [件数]
    1. 10才未満 0
    2. 10才以上 15才未満 1
    3. 15才以上 20才未満 19
    4. 20才以上 25才未満 34
    5. 25才以上 30才未満 24
    6. 30才以上 35才未満 12
    7. 35才以上 40才未満 5
    8. 40才以上 45才未満 5
    9. 45才以上 50才未満 0
    10. 50才以上 55才未満 0
    11. 55才以上 60才未満 0
    12. 60才以上 65才未満 0
    13. 65才以上 70才未満 0
    14. 70才以上 75才未満 0
    15. 75才以上 80才未満 0
    16. 80才以上 0
    無回答 0

S3.  職 業

    (回答総数 100)
    [カテゴリー] [件数]
    1. 事務系会社員 9
    2. 技術系会社員 12
    3. 営業・販売系会社員 2
    4. 企画・調査系会社員 5
    5. 経営・管理職 4
    6. 公務員 5
    7. 医療関連職 0
    8. 教育関連職 3
    9. 自営業 1
    10. 自由業 1
    11. 学生・生徒 42
    12. パート・アルバイト 5
    13. 専業主婦 0
    14. 無職 5
    15. その他 6
    無回答 0

女性の読者や15歳未満の読者は想定していなかった。

関連リンク

  • 【チャンピオンズリーグ分析】チェルシーvsバルセロナ
  • データスタジアム株式会社紹介



     野球、サッカー、ラグビー等のデータ分析ソフトの販売、レンタル、及びデータ更新サービスの提供を主にプロチームを対象に行っている。また、リアルタイムに集積されるデータをTV局、新聞社、雑誌社、ポータルサイト、携帯サイト向けにリアルタイム配信し、スポーツのデータ中継や分析コラム等のコンテンツを提供している。
     サッカーでは2002年よりJリーグを中心としたクラブ向けにDataStriker(分析ソフト)のレンタル及びデータ更新サービスを開始し、2004年シーズンは10チームが採用。分析ソフトを活用することにより、対戦相手の分析、自チームの戦術徹底度の検証、選手査定、選手編成、選手間と選手・監督間のコミュニケーション等に活用している。

  • ITmedia ライフスタイル:ITがサッカーを進化させる? ( 1 / 2 )
  • Soccer Click